気になるSPF値

夏場はやはり日焼けが気になるので日焼け止め入りのファンデーションを使っています。今年はドラッグストアでも変えるコーセーのノアシリーズのパウダータイプを選びました。紫外線から肌を守るSPF値は26なのでそれほど高くはないのですが、SPF値が高すぎると私の場合肌が荒れるのでちょうどいい数値だと思います。価格も1000円以下でした。夏はファンデーションの塗り直しが増え消費量も増えて一シーズンに2~3個くらい毎年買ってしまうので高価なファンデーションは買わないようになりました。また、ファンデーションの色味が私の場合コーセーの41番が一番合っているので、そういう点での拘りもあります。

化粧下地はSPF値が50以上のを使って肌が荒れたことがあるので、去年から赤ちゃんでも使えるロート製薬のサンプレイベビーミルクという日焼け止め乳液を下地として使っています。SPF値は34です。容器からだしてみると白っぽい乳液状ですが肌につけて伸ばすと透明になりますので、ファンデーションの色に影響することはありません。夏は日焼けと汗との戦いでもあり、メイクの汗によるくずれと日焼け対策としてファンデーションの上にセザンヌの日焼け止めパウダーを重ねることもあります。これから9月半ばまでは、しっかりと日焼け対策をして紫外線から肌を守っていきたいと思っています。
参考サイト→旅行の化粧品※小分けケースはやめてポーチにコンパクトにまとめる

婚活パーティー

私が参加した婚活パーティーは、男性、女性それぞれ15名ほどのパーティーでした。
参加者は番号が書かれた名札を胸に付けます。各人それぞれの自己紹介カードに項目に沿って記入します。
項目は年齢、血液型、星座、年収、趣味、(男性は)年収などです。初対面同士でも、このカードをお互い見せ合うことにより、スムーズに会話ができました。
私が参加したパーティーのテーマが「ぽっちゃりさんが好きな男性」だったので、参加女性はみなさんぽっちゃりした方々でした。

参加者の年齢はだいたい20代後半から40代後半といった感じで、幅広い年齢層の方々が参加されていました。
職業も自営業、医師、介護士などと様々でした。1対1で3分ほど会話をしていきます。
一巡したら、好印象のかたにメッセージカードを書いて、それがスタッフの方から配られます。

もう一巡したら、最後にもう一度会いたいと思う方を二人選んで、用紙に記入し、スタッフの方に渡します。
その用紙でカップリングが決まり、最後に番号で発表されます。
先に男性が部屋から退出して、カップルになった方は出口でお相手の女性を待ちます。
私は、このパーティーでカップルになった方と半年後に入籍しました→婚活さいとはこちら

エステの魅力

エステサロンと聞くと、昔はとても敷居が高く、自分には縁がないもののように思えました。
それが最近ではリーズナルブルな値段で気軽に体験できるサロンが増え、随分印象が変わりました。
私も何度か体験コースで利用させて頂いたことがあります。

そのときのドキドキワクワクするような感じは、今でも忘れられません。
ホテルのようなきれいできらびやかな空間で施術されるのは、非日常感たっぷりで、それでいてすごく癒されます。

スタッフの方もみんな親切丁寧で優しく、きれいな方ばかり。エステの効果にもさすがに説得力があるなぁなんて思ったりします。

お金と時間さえあれば、頻繁に行きたくなる気持ちが分かります。
私の場合骨盤のゆがみや下半身太りがずっと気になっているのですが、それについて適切なアドバイスを貰えることも多く、体験モニターであってもエステに行くメリットはすごく大きいなと感じました。

一時的ながらも、施術後はビフォーアフターがはっきり分かるところもすごいと思います。
こんな自分でもきちんと変わるんだ、と実感でき、感動しました。
体験コースではなく、定期的に通いたい、というのが私の今の願いです。
そのためにも日頃からせっせと働き、貯金に取り組むようにしています→エステ大宮