気になるSPF値

夏場はやはり日焼けが気になるので日焼け止め入りのファンデーションを使っています。今年はドラッグストアでも変えるコーセーのノアシリーズのパウダータイプを選びました。紫外線から肌を守るSPF値は26なのでそれほど高くはないのですが、SPF値が高すぎると私の場合肌が荒れるのでちょうどいい数値だと思います。価格も1000円以下でした。夏はファンデーションの塗り直しが増え消費量も増えて一シーズンに2~3個くらい毎年買ってしまうので高価なファンデーションは買わないようになりました。また、ファンデーションの色味が私の場合コーセーの41番が一番合っているので、そういう点での拘りもあります。

化粧下地はSPF値が50以上のを使って肌が荒れたことがあるので、去年から赤ちゃんでも使えるロート製薬のサンプレイベビーミルクという日焼け止め乳液を下地として使っています。SPF値は34です。容器からだしてみると白っぽい乳液状ですが肌につけて伸ばすと透明になりますので、ファンデーションの色に影響することはありません。夏は日焼けと汗との戦いでもあり、メイクの汗によるくずれと日焼け対策としてファンデーションの上にセザンヌの日焼け止めパウダーを重ねることもあります。これから9月半ばまでは、しっかりと日焼け対策をして紫外線から肌を守っていきたいと思っています。
参考サイト→旅行の化粧品※小分けケースはやめてポーチにコンパクトにまとめる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です